風俗のお店で働きながら自社運営の託児所を利用できることはまだまだ珍しいことです。風俗の業界ですから、そこまでの需要があるのかどうなのかという面が考慮されていないことが理由でしょう。とはいえ、一般的な世間の会社でもあまり多くはありません。それ専用のスペースとスタッフを確保する必要がある訳ですからね。なかなか簡単に実現出来るものでもないのが現状でしょう。優良な女性の人材を産休・出産・育児で失う損失などを懸念するような、余程の大企業でもなければメリットもないわけですからね。そもそも働き続けたいならば、休職することになるような状態になることは考慮するはずです。話を戻しますが、風俗の業界ともなるとそこは特殊です。だって、働き手の女性達がどのような人物像かは容易に想像がつくでしょうからね。されには、エッチなことを職業にしている人達なわけですからそもそもエッチな行為が好きなわけです。となると世間一般的な女性たちよりも子供を設けることになる機会は非常に多いでしょう。あまり大きな声では言えませんが、仕事の流れで…なんてこともあるかもしれません。ですので、休業を経て育児をしながら風俗業を続けるという状況になることは良いに想像が付くのです。また、そのよな状況になってた女性の場合、家庭の理解や協力がない限り育児を安定して継続していくことは難しいと考えられます。シングルマザーになる女性も多いでしょう。そうなると、現実的に働くこと自体に制限が就いてしまうはずです。要するに、そこに需要があるわけです。風俗業を経験し育児をしているから休業を余儀なくされている女性は絶対的に多いでしょう。だったら、子供を預けられる体制のある風俗店を運営している企業に勤めることができれば良いだけなのです。更には、時間的拘束の問題も出てきそうですが、深夜帯まで営業しないような路面店・ファッションヘルス店であれば少し遅い帰宅になるくらいな状態で育児を両立できるでしょう。こういう少し考えれば当たり前の状況で風俗業を続ける事ができればベストでしょう。しかし、託児所があるから安心と考えてしまうのh絶対にダメで、派遣型・送り迎えありのデリヘルなどは避けたほうが良いです。それは、育児をしながらの仕事としては方向性が違います。ただ、子供を預けることが出来ているだけになります。そのあたりはしっかりと理解して置く必要があるのではないでしょうか。
託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】

最初に正社員で働いていた会社を辞めてから、契約社員にしかなれずにここまで来てしまったので、いつ首を切られてもおかしくない状況になりつつあります。当然、今の世の中は正社員であっても収入や待遇が悪かったり…>>続きを読む